東芝決算発表するも上場廃止の可能性が高まる!?



東芝 決算発表




東芝は11日、2度も延期した2016年4-12月期連結決算を発表しました。

3度目の延期を回避するため、監査法人から「決算内容は適正」との意見を

得られないまま異例の発表に踏み切った。


監査意見の種類と東証の上場廃止判断




・上場維持

 ・適正意見
 監査人が企業会計の基準に従い、決算は適正と判断した場合

 ・限定付き適正意見
 一部に不適切な事項があるが、決算全体に対して重要性はないと考えられる場合

上場廃止 
 東証が「市場の秩序を維持することが困難」もしくは「内部管理体制などに
 改善の見込みがない」といずれかと判断

 ・不適正意見
  不適切な事項が発見され、決算全体に大きな影響を与えると判断した場合

 ・意見不表明
 重要な監査手続きが実施できず、その影響が意見表明できないほど重要と判断した場合


上場廃止の可能性



上場廃止を防ぐために決算発表をし一旦は上場廃止を回避したものの

証券取引所グループは調査をはじめ再提出の勧告の上、

上記の判断に満たない場合、上場廃止の処分になるだろう。

にほんブログ村 株ブログ 学生投資家へ

0 件のコメント :

コメントを投稿

ブログランキングに参加しました

にほんブログ村 株ブログ 学生投資家へ

人気記事